内 容

SEO対策が重要なサイトアフィリエイト

サイトを使ったアフィリエイトは、集客をするアフィリエイト方法なのでSEO対策も重要になってきます。
稼いでいる多くのアフィリエイターたちの多くは、このサイトアフィリエイトをやっています。


SEO対策をしっかりやって、検索エンジンで上位表示されれば、それほど手間をかけなくてもどんどん集客することでき、アフィリエイト報酬も上がっていきます。
そのためにも、サイトでのアフィリエイトは、SEO対策が重要になってきます。

効果的なサイトのタイトルと記事タイトルのつけ方

サイトのタイトル、記事タイトルは、サイトをやるにしても、ブログをやるにしても非常に重要です。


なぜならば、タイトルがトップページのSEO効果をアップさせるからです。


内容が同じでも、サイトのタイトルや記事のタイトルが違うだけでページへのアクセスが一桁違ってしまうなんていうこともよくあることです。


タイトルを変えただけで、急にアクセス数が跳ね上がったというケースもあります。

SEOに有利な記事タイトルのつけ方のコツ

SEOに有利な記事タイトルのつけ方のコツとして、キーワードの使い方があります。

方法1 : トップページにSEO対策したいキーワードを入れる

SEO対策したいキーワードはサイトのタイトルやトップページに入れていると思いますが、記事のタイトルにも、そのキーワードを入れると良いでしょう。
例えば、美肌に関するサイトを作っているとするならば、記事タイトルも「美肌」というキーワードを入れたタイトルにします。



方法2 : ニッチなキーワードで上位表示を狙う

SEO対策したいキーワードに加えて、2~5つ程度を組み合わせてタイトルをつけていきます。
例えば、美肌と紫外線対策に関する記事の場合、「美肌と紫外線対策について」というタイトルではなく、次のように考えます。


「紫外線 日焼け止めクリーム 避ける」

「美肌 クリーム 紫外線」

「日焼け止めクリーム オススメ 美肌」

こういった感じで、美肌以外にも、紫外線、オススメ、クリームといったキーワードを入れていくようにします。


記事中のキーワードの入れ方

タイトルだけでなく、記事の中にもキーワードを盛り込んでいくことがポイントになります。

最低でも2回は記事中にキーワードを

SEO対策では、記事中のキーワードの比率なんてことも言われますが、それよりも有益な記事を書くことに力をいれたほうが良いでしょう。


実際そこまで細かく神経質に考えなくても良いでしょうし、あまり記事中のキーワードの比率にとらわれすぎると、逆に文章が不自然になってしまったりします。


最低でも2回くらいは設定したキーワードが出てくるようにすると良いでしょう。

サイトボリュームの考え方

サイトでアフィリエイトするときは、SEO対策で集客のことを考えますが、サイトボリュームが少ないのに、被リンクがやたらに多かったりすると場合によっては検索サイトからペナルティを受ける可能性もあります。


サイトアフィリエイトは、SEOのことを考えると、被リンク数を増やすことも非常に大切なことですが、それにはそれ相応の内容・コンテンツが伴ったサイトでなければなりません。

サイトボリュームが大きいと被リンクも増える

一般的には、サイトボリュームが大きいサイトは、被リンクも多いサイトになってきます。


逆にサイトボリュームが小さいサイトは、それだけ被リンクは少ないサイトとも言えます。


つまり、SEOで大切な被リンク数をあげるとなると、サイトのボリュームを大きくしていくことも大切な要素になります。


難しい被リンクを増やす方法

不自然な被リンクは、Googleなどでもペナルティの対象となります。


1ページのみのペラサイトや、10ページ程度のサイトにやたらに被リンクが貼られているというのは不自然なことで、下手をするとペナルティの対象になります。


被リンクが多いサイトは、サイトボリュームが大きく、常に魅力的な記事をたくさん更新しているサイトが多くなります。


他のユーザーが、「このサイトを紹介しよう」「このサイトにリンクを貼ろう」と心を動かすような魅力的で質が高い記事を量産することは非常に大変なことです。

最低限ほしいサイトボリュームはどのくらい?

一概に量だけで判断するのは難しく、ページ数が少なくても、非常に濃い内容の情報を提供しているページであったり、独創的なコンテンツがあるページであれば、それなりの高い評価になります。


しかし、一般的にいうと、サイトボリュームとしては最低20ページ、できれば少なくとも30ページはほしいところです。


逆に、これより少ないページ数で、いたずらにSEO対策として被リンクをベタベタつけてしまうと、ペナルティを受ける可能性が高くなります。


少ないページでも、マスコミで取り上げられた面白いサイトであるとか、商品の公式サイトであれば、自然とリンクは増えていくものですが、そうではなく、被リンクを購入したり、自分で被リンク用サイトをたくさん作り、自作自演しているような場合は、ペナルティをとられる可能性が高くなります。自作自演をしてもバレバレです。

サイトボリュームの目安は

サイトボリュームは最低30ページという話をしましたが、1ページ・1記事の分量にもよりますが、それは大きければ大きいにこしたことはありません。


しかし、だいたい情報量としてひとまずユーザーを満足させられる量とすれば、1サイト50ページ(50記事)を目安にすると良いかと思います。


もし、50ページのサイトをつくり、50リンクで上位表示されないのであれば、それはライバルが多い分野でのアフィリエイトをしていることになり、キーワードの工夫や、コンテンツの見せ方、あるいはオリジナリティを出していかないと難しいかもしれません。


SEO対策に優れたテンプレートの利用

サイトアフィリエイトをするときに、見た目も重要な要素です。


どんなに有用な情報が記載してあっても、目立たなかったり、見にくいレイアウトであれば、それだけで敬遠されてしまいます。


かといって、見たこともないような斬新でスタイリッシュなデザインのサイトを作る必要はありません。


見た目がスタイリッシュなことよりも、いかに役に立つ情報を提供するかといったことのほうが大切です。

見た目よりも中身にこだわれ

見た目がいかにも悪いというのでは論外であるが、一定のレベルのものであれば、それほど見た目にこだわりすぎなくても問題ありません。


あなたが料理を食べたいと思って店に入ったときのことを想像してみてください。


すごくゴージャスな装飾がほどこされたレストランで、椅子も食器も一流品ですが、出された料理が並以下の店があったとします。


一方、見た目はそれほどオシャレじゃなく、どちらかといえば古ぼけた店内の店、でも出て来た料理がすごく美味かった店があります。


値段が同じだったとしたら、あなたが再び行くとしたらどちらの店に行くでしょうか。


100%ではないでしょうが、多くの人は、後者の古ぼけた店内でも料理が美味かった店に行くという人のほうが多いと思います。


サイトもこれとまったく同じです。


多少画像がぼやけていても気にすることはありませんし、サイトロゴにめちゃくちゃ凝ろうとしなくてもいいのです。


そんな時間があるのであれば、情報量を増やしたり、コンテンツの質にこだわったほうが良いのです。


サイトを見に来る人は、多少デザインが格好悪くても、役に立つ情報が詳しく掲載されているサイトのほうがありがたいのです。


難しいサイト作成を楽にするテンプレート

そうはいっても、サイトアフィリエイトの難しいところは、サイトを立ち上げるところだと思います。


そしてそのサイトの構造も、しっかりとしたものでなければ、コンテンツがたとえ同じ内容だったとしても、検索エンジンで上位に表示されなかったりします。


サイトの中身は素晴らしいけど、SEO対策が不十分なため、なかなか上位表示されないというケースもあります。


そこでお奨めしたいのが、ホームページ作成ソフトです。


その多くは内部リンクなどをしっかり検討し構築されているサイトのテンプレートを使ってホームページを作成していくと、楽にサイトを作成することができ、しかも更新も楽にできます。


見た目もきれいですし、SEO対策が施されたかたちでテンプレートが作成されているものであれば、検索結果、上位表示されやすくなります。

カレンダー・時計