内 容

損したくなければやっておきたいこと

モバイルフレンドリーとは、PCの画面だけでなく、スマホ等からも見やすいサイトであるということです。

 

やっていないと大損するモバイルフレンドリ―

 

Googleも、検索上位表示において、モバイルフレンドリ―は重要な要素ということを発表しています。

スマホの普及とともに、スマホなどのモバイルでも見やすく機能するサイトでないと、サイト訪問者に対して親切ではないという印象を与えてしまいます。


モバイルフレンドリ―に対する対応は、PC用サイトとは別にモバイル用サイトを用意するという方法と、PC用サイトをモバイルでも見やすくするようにレイアウトに工夫を施すレスポンシブデザイン等を用いたサイト作りなどが有用と言われています。

無視できない、意外と多いスマホからのアクセス

サイトにしても、ブログにしても、アフィリエイトで稼ごうと思ったときに、無視できないのがスマホからのアクセスです。


サイトへの訪問の7割はスマホからというデータもあります。


最近では若い世代を中心にスマホの普及率が急速に伸び、サイト訪問者の7割はスマホからの訪問だと言われています。


アフィリエイトサイト、ネットショップ、ドロップシッピングサイトいずれをとっても、スマホからのアクセスが7割前後となっています。


したがって、スマホで閲覧されるということを頭に入れてサイトを作成しないといけません。

Googleも対応してきた、上位表示のためには必須なモバイルフレンドリー

モバイルフレンドリー、つまりスマホ対応がきちんとされているかどうかで、2015年4月21日より、Googleではサイトがモバイルフレンドリ―かどうかについても、検索順位決定のアルゴリズムに組み込んでいます。


つまり、スマホで見ても見やすい形になっていないサイトは、検索順位を大きく落としてしまう可能性もあります。


言い換えれば、サイトやブログがスマホ対応できていなければ自然検索からの集客を失ってしまう可能性が高いということが言えます。

レスポンシブWebテンプレートとは

モバイルフレンドリ―のサイトであることが重要になってきた時代ですが、これは、PCで見たときのみならず、タブレット、スマートフォンなど、複数の異なる画面サイズでWeb表示したときに、しっかりと見やすくきれいな表示がされることであり、このために、PC、タブレット、スマートフォンなど、複数の異なる画面サイズでもきちんと表示できるサイトデザインのテンプレートとして、画面の大きさに合わせデザインを柔軟に調整することができるテンプレートが、レスポンシブWebテンプレートになります。

振り分けよりも、レスポンシブWebテンプレート

以前は、PC用と携帯用の2つのサイトを別々に作っておいて振り分けるというような方法も取られていましたが、最近の主流は、1つのHTMLの中で、PC用から、タブレット用、スマホ用など、どの画面の大きさにも対応できるようにしたレスポンシブWebテンプレートが主流になってきています。


1つのHTMLで管理するところから、メンテナンスがより簡単になり、画面の大きさや媒体によらず均一の情報の質を保つことが容易です。


現在では、1つのHTMLファイルをHTML5で作成し、CSS3(Media Queries)でレイアウトを制御し、異なる画面サイズに応じてページを表示していくというのが主流のやり方になってきています。

対応していないとスマホからのアクセスも大きく失うモバイルフレンドリ―

モバイルフレンドリ―でなく、PC専用サイトデザインは、直帰率が高くなってしまいます


もし、アフィリエイトサイトがスマホに対応しないと、せっかくスマホでサイトを訪れて人もすぐに帰ってしまいます。


もちろん、スマホでPC用に作られたホームページも見ることができますが、PC専用サイトデザインで作成されたページは文字が小さかったり、たくさんスクロールをしたりしないと見えず、非常に見づらくなっています。


たとえ見れたとしても、非常に見づらいために、スマホに対応していないサイトは、直帰率が高くなってしまうのです。


直帰率とは、サイトを訪れた人がすぐにそのサイトを閉じてしまう割合ということで、この直帰率が高いということは、それだけサイトをあまり読んでもらえてないということを表しています。

「高齢者だからスマホは使わない」は、大きな間違い

そんなこと言っても、自分がアフィリエイトの対象にしているのは高齢者用の商品だし、提供している情報も若者向けではなく、高齢者向けの情報だから、関係ないよという人もいるかと思いますが、そんなことはありません。

ものすごい勢いで増え続けている高齢者のスマホ利用率

日本も高齢化社会になってきていますが、総務省が去年2014年に発表した「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査の結果」によると、今やスマホの普及率は60%越えています。2012年に30%ちょっとだったのに、2014年では60%を越えていて、ここ2年だけでも倍になっています。


年代別にみると、10代が7割、20代は95%、30代で8割、40代で7割、50代で5割、60台で2割という感じになっています。


この中で目立っているのが50代で、2012年では1割ちょっとだったのが、2014年でいっきに5割と急激な伸びを示しています。


これからは、スマホをどんどんと使いこなす高齢者が増えていくということになります。

カレンダー・時計